デプロメールの服用で太る?

デプロメールにも副作用がある

デプロメールの服用する方には、主にうつ病の方、不安障害などの精神障害の場合です。そして、パニック障害やストレス障害、月経にも効果を示す治療薬です。デプロメールは局所的に効果のある薬です。セロトニン系の神経にのみに効くよう開発されました。ですから、人によっては、物足りないという方もいます。デプロメールは、全体的に短時間に効果が表れるというわけではないので、知っておいたほうがいいかもしれません。デプロメールを服用していて、副作用がある方もいます。どのような治療薬でも、副作用が出る人もいれば、出ない人もいます。副作用が少ない治療薬ではありますが、飲み始めには吐き気などが起こる場合があるようです。体がデプロメールに慣れていないということですので、慣れて落ち着くと副作用は少なくなるでしょう。そして、デプロメールを突然やめようとすると、離脱症状が出る人もあります。これは、長い間デプロメールを飲み続けていた人が、突然にやめようとすると離脱症状が出ます。耳鳴りや手足のふるえなどの症状と言われますが、服用を医師通り守っておけば大丈夫です。苦しい思いを我慢せずに、楽しい生活が出来るようにして下さいね。


病気と治療