パキシルの効果

パキシルの副作用と離脱症状について

パキシルも多くの抗うつ薬と同様に、うつ病やパニック障害などの精神障害に持ち入れられる、お薬です。憂うつで沈んだ気分をやる気を出させようとしてくれる、効果があります。パキシルはセロトロニンという神経伝達物質を高める作用があります。そして、パキシルは他の抗うつ薬に比べ安全ということもあり、多く服用されているようです。しかし、パキシルにも人によれば、副作用がある場合もあります。吐き気やめまい、頭痛などがあるようです。副作用がおきると、体の調子が悪くなり、うつ病の状態がなお一層、辛くなると思います。体が慣れるまでは、仕方がありませんし、個人によっては副作用がない場合もありますので、あまり神経質になるのもよくありません。そして、パキシルも離脱症状が出る場合があります。自己判断で急に服用をやめたりするのはいけません。離脱症状で吐き気やめまいがあると、とても辛いと思います。必ず、医師の言うことを聞きましょう。


病気と治療