リフレックスの効能

リフレックスの副作用は?

最近、厚生労働省によって認可された抗うつ剤に、リフレックスというものがあります。これは、自律神経を調節し精神を安定させたり、意欲を高めたりするセロトニンとノルアドレナリンという2つの神経伝達物質の生成促進を促す効果を持ちます。このリフレックスは、即効性があり、軽いうつ病なら速やかに効果を示してくれるようです。また、持続性もあり、1日に1回、就寝前の服用だけで効果があります。更に嬉しいことに、これまでの抗うつ剤に比べて比較的副作用が少ないこともリフレックスのメリットの一つで、それゆえに長期の服用も可能です。しかし、人によって副作用の有無や程度は異なります。リフレックスの副作用の中で一番多いのが眠気で、服用者の約半数にはこの副作用が表れるようです。その他には倦怠感や便秘、立ちくらみや口の渇きなどが副作用として表れる場合があります。しかし、その効果や即効性、持続性からすると、副作用のリスクは低いと言えるでしょう。気分が晴れず落ち込んだり、集中力が低下していたり、不眠症気味だ、と感じ始めたら、このリフレックスを処方してもらうと良いかもしれません。


病気と治療