サインバルタとは?

サインバルタの副作用ってどう?

最近、開発された抗うつ剤にサインバルタというものがあります。この抗うつ剤は、既に販売されているトレドミンと同じ系列で、意欲を高めるノルアドレナリンと精神を安定させるセロトニンの2つの神経伝達物質の再取り込みを防いでその濃度を高め、神経の伝達をスムーズにする効果があります。このサインバルタは、比較的即効性が強く、効果がすぐに表れます。持続性もあり、服用してからゆっくりと代謝、排泄されるため、1日1回の服用で効果があります。また、サインバルタは、セロトニンとノルアドレナリンの神経にだけ選択的に働きかけるので、他の抗うつ剤に比べて比較的副作用も軽減されています。表れるかもしれない副作用としては、吐き気や眠気、便秘、口の渇きなど。そして、サインバルタ特有の副作用として、脈拍数が上がったり、血圧が上がったりすることもあるようです。特にアルコールと共に摂取すると副作用の影響を受けやすくなるので、できるだけ飲酒は控えましょう。

 

参考サイトはこちら サインバルタの効果・副作用・離脱症状


病気と治療