うつ病とジプレキサ

ジプレキサの効果や副作用は?

ジプレキサは、脳内神経伝達物質の働きを抑えていく作用があります。ドーパミン、セロトニン、アドレナリン、ヒスタミンなどです。うつ病や、不安を持つ症状、統合失調症などに効果を発揮すると言われていますし、持続性の高い薬になります。ジプレキサは医師に処方してもらう必要があります

 

なお、ジプレキサの副作用は、眠気を引きを越したり、不眠になったり、筋肉のこわばりが出たり、倦怠感が出てきたり、頭痛や、めまい、ふらつきも出てきます。便秘や、口の渇きなども出てきます。血糖値が上がってしまうことから、糖尿病性昏睡、糖尿病性ケトアドーシなどの重大な副作用を起こしたり、肝機能障害を起こす人もいます。また、過去の投与で過敏症になったり、エピネフリンの投与を受けている人は、使用を避けるのが良いでしょう。何か異常があれば、医師に相談したほうがいいでしょう。ジプレキサを服用する場合の自己判断は危険です。


病気と治療