セディールの効能

セディールの効果や副作用

セディールは、心身症や神経症の治療薬として処方されます。セディールの効果は、気分をリラックスさせる特徴があます。その他には、不安や緊張感を和らげ、それにより寝つきを良くする作用があります。その為、セディール錠の副作用として、ねむけ、ふらつき、注意力の低下といった症状が現れます。車の運転や機械操作には、十分注意してください。

 

セディールは、抗不安作用の他にも、抗うつ作用をもあります。その為、心身症や神経症のほか、うつ病といった精神的な症状にも適応します。セディールには重い副作用はありませんが、他の薬の飲み合わせやアルコールにより、副作用が強まる恐れがあります。発熱、けいれん、混乱といった症状が現れた場合、すぐに医師の診察を受ける必要があります。また、日常生活で感じるストレスにも応用ができますが、治療を目的とした薬となります。自己判断による服用は、重い症状を引き起こすことがあります。必ず医師の診断の元、セディール錠の用法、用量を守ってください。


病気と治療