ハルシオンを酒で飲む

ハルシオンの効果は?

睡眠導入剤であるハルシオンの副作用としては、めまい、ふらつき、幻覚症状、記憶障害(健忘症)に陥ること等が挙げられます。また、必ずお酒と同時に服用しないようにしましょう。心臓が止まるとまでは行きませんが、アルコールを飲むと効果が強く出過ぎて、意識が酩酊してしまうことがあります。また、ハルシオンを長期連用すると依存性が強く出ることも副作用の一つです。できれば、毎日使うばかりでなく、今日は身体が疲れたから眠れそうだというときには服用しないで、自分の体の疲れを利用して眠ってみましょう。そうして飲む日、飲まなくても大丈夫な日があれば、依存性も少なくなってきます。ハルシオンは強い薬で効果が高い分、重い副作用につながる可能性もあるので、決して自己の判断による服用は避け、医師から処方された用量、用法を守って服用するようにしましょう。睡眠薬として利用されることの多いハルシオンですが、最近は短時間で効果がでることを乱用した服用事故のニュースを耳にすることもあります。睡眠薬の中では、有名な薬であると言ってよいでしょう。


病気と治療