淋菌の検査

淋菌は咽頭と性器に感染

淋菌感染症は、性器周辺の感染だけではなく咽頭淋菌もあります。咽頭淋菌の検査は、医療機関や検査キットで行なうことが可能です。ディープキスやフェラチオなどのオーラルセックスを行なうと、喉への性感染症が起きてきます。発熱等が主な症状になりますので、風邪と間違われて気がつかないことが多いと聞いて言います。検査キットでは、喉の粘膜を採取して検査を行なっていきます。

 

性器にも感染している方の30パーセント程度が感染していると言われています。また、咽頭クラジミアと区別しにくい為に、両方の検査を行うことが望ましいと聞いています。性器感染の場合は、男女共に不妊の原因になることがあるので、感染発見後は速やかに治療を行なうことが大切になります。淋菌検査の場合は、咽頭部分と、性器用の両方同時に受けるのが良いでしょう。

 

淋菌は抗生物質を服用すれば、効果を発揮しますが、感染力が高い菌なので、薬に対して耐性を持つこともあります。このへんは注意が必要ですね。淋菌検査キットは病院でなくても、ネット通販で誰もが普通に購入できるものです。病院の検査に行けない場合は、淋菌検査キットを使うと便利かと思います。淋菌検査キットがあれば、定期的な検査も簡単にできますね。

 

淋菌検査キット


病気と治療